「僕が今まで見た家の中で、一番かっこいいんだ!」

パスポートの増刷を重ねるほど、多くの国を旅して来た宏さんが
3年前スリランカに行って「僕が今まで見た家の中で、一番かっこいいんだ!」と言っていた家、
それが、この、ドミニクの自宅と別荘。

(個人宅なので、完全な公開はクローズのシェア会で行います)

リビングに壁がないって、信じられる?
あ、もちろん、窓もない。

雨も風も入ってくる
虫も蚊も入ってくる
なんで?と思ったけど、
50日間スリランカを旅して意味がわかった、
それは、、、
外(自然)と、うち(人)の隔てが、とてもとても少ないってこと。
(隔てが少ないことは、自然と人だけでなく人と人にも同じだった。この辺りは、またゆっくり話したいと思う。)

隔てがない代わりに、
この家にあるものはなんだと思う?

わたしが一番に感じたのは、
「古くから流れる時間」。

築80年を超える、本当にはいつ建てられたかわからないというこの家、
壁にはたくさんの写真や絵が飾られていて、
たくさんの古い家具が置いてあって、
ものすごーくムードがあって、温かさがあるの。

そしてこの家にもうひとつ、強烈にあるもの、それは「彩り」。

色。
温度。
ぬくもり。

アートなんて言葉では表せないくらい
強烈なこの「彩り」の力に、
わたし、本当に感化された。

飛行機が怖くて、7年、旅に出なかったその間、
わたしは断捨離や片付けといったものの流れから、
物を捨て、物事にも距離を置き、

気づいたら知らぬ間に、色も、彩りも、
減ってしまっていたんだよね。

たとえば、ユニ○ロとかさ、
無○良品とか、お値段以上ニ○リとかさ、
もちろんそれらは、素晴らしい機能を備えていると言えるよ。

ただ、「既製品感」が拭えないんだよね。
工場で作られたというかさ
1ミリ違わず揃えられてしまう、機械の感じというか。

実家の建て替えをした時にも思ったけれど、
窓枠はこの中から選んで、扉はこの中から選んで、
洗面台は、浴槽は、と、、、

家が家族の住処として
「時間」とともに「創られていくもの」ではなく
「既製パーツの寄せ集め」であり
「時間とともに資産価値を失っていくもの」みたいな感じというのかな。

どの家に行っても同じような規格で、
同じようなサイズで、同じような色味で。

なぜそれを置きたい?の理由を考えること少なく、
テレビを置き、ローテーブルを置き、ソファーを置き、
ダイニングテーブルセットを置き、

キッチンマットをトイレマットをバスマットを、
各売り場の中からそれぞれ「これがいいかな」と選んだ?、
いや、おそらく買わされて家に持って帰り、

100円均一で売ってそうな、
使えればいい的な物を日々手にしながら、
あー物が多すぎるといって暮らしていたりする。

 

落ち着いた色
無地
流行りという「無難」?

ううん!それよりもわたしは、
ワクワクしたり、ドキドキしたり、これが私色!って抱きしめたくなるような物との出会いと付き合いを、するするするー!

だってそれが楽しみだもん。
それが時間を経て、オリジナルになるんだもん。

思い出させてくれたドミニクの家とベアフットに
ありがとうって本当に思う。

ちなみに、ベアフットは、
ドミニクのお母さんでアーティストのバーバラが、女性の就業支援のために作ったテキスタイルのブランドで、ベアフットとは、「裸足」という意味。

ベアフット(Barefoot)ウェブサイトはこちら

 

そう。スリランカの人は本当に、裸足が多い。

足で地面を感じ、自分を感じ、生きていこ!

色のある暮らし、彩りのある人生

エッセンス的な香りだけでも、
嗅いでもらえるとうれしい♡

 

 

◆8月26日(土)
命の根源に戻る国、スリランカ・モルディブを50日間旅した、写真家菅原ヒロシと、モデル&自然療法家菅原笑美子による旅のシェア会

終了しました

ライフスタイル編では、ちょっとだけベアフットの製品も販売するよ♡

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です