わたしの吹出物は、どうして出るんですか?

明日23日は、選び方マスター講座
「2−7、吹出物や湿疹はどうして出るの?」
実際に化粧品を触り比べる実践編「1−7、化粧品の選び方」
の2本立てです。

わたしの吹出物は、どうして出るんですか?

わたしの吹出物は、どうして出るんですか?
うちの子の湿疹は、どうして出るんですか?

この問いを、ずーっと抱えているあなたへ。

友達から、テレビから、
ドラッグストアから、皮膚科から、エステから
巷のあらゆる情報媒体から
いろんな「もの」を買い、塗りながらも、
「そうか!これか!」という手応えは、持てていないのではないかしら?

菌がいると聞いては殺菌ローションを塗り、
脂肌だからだと聞いては収斂化粧水を塗り、

顎の周りは食べ物のせいだとかで
肉が悪いと「玄米菜食」をし、

おでこは甘いものの食べ過ぎだとかで
砂糖が悪いと「糖断ち」をし、

大人ニキビはホルモンバランスのせいだからって
ピルを飲んだり、ホルモン治療をし、、、

それでも今なお、「吹出物」も「ニキビ跡」も「湿疹」も、あるのだよね?

なくなって、いないのだよね?

それってどうして?

この答えは、とてもシンプルなのです。

それは「あなたが治りたいと思ってやっているそのことが、治らなくさせてしまっている」ということです。

吹出物は、湿疹は、かならず治ります。

治るように、なっているし、
治ると決まって、いるのです。

えー?でもわたしのは、治らないよ!

もう一度言います、
「あなたが治りたいと思ってやっているそのことが、治らなくさせてしまっている」だけです。

 


プロフィールにも書いている通り、
肌トラブルは、わたしが自分の身体に関心をもった(持たざるを得なくなった)
一番のきっかけです。

皮膚科行きーの、美容皮膚科まで行きーの、
薬塗りーの、サプリ飲みーの、エステ行きーの、と
ものすっごいいろいろやったのですよ。

でも、止まらない、跡も増える一方、
痛いし、痒いし、肌も心もすごく敏感という状態が
当時、2年は続いていました。

その2年、もったいなかったな、と正直思います。

今だったら、その2年を
「完全な回復にむける時間」として、さっさと取り戻します。

まずは数千円、数万円単位のアレとアレをやめます。

そのぶん手元に残るお金で
数百円単位のアレとアレを買います。

そうやって3ヶ月で舵取りを変え、
回復に向けて、まっしぐらに進みます。

・・・

そもそも肌とは何でしょう?

その肌に、吹出物や湿疹ができる人と、できない人とは、
いったい何が違うのでしょう?

まずは、身体の仕組みを知ってください。

出る人と出ない人、その違いも知ってください。

その上で、もしあなたが「肌トラブルを抱えやすい」のだとしても
大丈夫、治るようにできています。

回復に進む力を邪魔するものを
ひとつ、ひとつ、知っていきましょう。

 

トラブルからの回復の仕方も、
いまのわたしの美容法も、
実際に、触って、塗って、その効果を実感できる実践型で
まるごと伝授します。

「もう今後一生、肌で”悩む”ことはないわ。」

そう思える女性が、ひとりでも増えてくれるといいな。

吹出物も、湿疹も、かならず治ります。

邪魔しているものから離れることが、1日でも早ければ早いほど。

選び方マスター講座

◆9月23日(土)

11時−13時
「2−7、吹出物や湿疹はどうして出るの?〜肌とデトックス」
14時ー16時
「1−7、化粧品の選び方(実践編)」

終了しました

Let’s Simple Life!【選び方マスター講座】

「自分と家族の身体にいいものを、自分で選べるようになる」身体のことがわからないといった初心者の方に向けた講座です ^^

10/29(日)
・ハッピーでいられる心のあり方 お申込み
菅原 笑美子
写真家の夫・菅原ヒロシと、東京湾岸でふたり暮らし。モデル業に忙しかった29歳頃、吹き出物に悩まされ代替医療にであって自ら向精神薬を断薬。強まったパニック障害から、さまざまな代替医療を試し自らの病に向き合う。2015年ホメオパスになる。自然療法家として治療にあたり、ライフスタイルとしての健康情報を発信している。
Facebook でも最新情報をお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です