わたしと医療の最初の関わり

わたしと医療の最初の関わりとなった白斑治療について、
最初に「身体面」から書いてみようと思います。

 

白斑は、3歳頃、左脚のひざの後ろにできた
小さな脱色班に始まったと母から聞いています。

それは徐々に広がって
ひざ下は全体に
ひざ上は内側と後ろ側に、広く現れました。

 

皮膚科通いは、幼稚園の頃から始まりました。

薬を飲むこと、薬を塗ることは、
幼いながら毎日の日課でした。

 

皮膚科での治療は
最初は様子見程度でしたが
次第に辛いものになりました。

服を脱いでベッドに横になり
最初に反応を高める薬を塗ってもらって
数十分間、紫外線を浴びます。

強い日焼け状態になるので、もちろんひりひりします。

その後、液体窒素による凍結療法。

マイナス196度の液体窒素の中で凍結された金属の棒を
白斑部にジューっと当てるというものです。

低温火傷状態となった白斑部は
その後真っ赤に腫れ、水ぶくれになります。

 

医師の説明によれば、これらの治療は
眠っているメラニン色素を起こすためとのこと。

痛いですが、頑張れば耐えられます。

 

この治療よりも辛いのがその後
この火傷状態の皮膚が起こす強烈な「痒み」の方。

強く掻くと水ぶくれがやぶけて
更に辛くなるので
掻くことを極力我慢しなくてはいけない。

 

また、太ももや内股の部分を掻くという姿を
学校で友達に見られたくない
という思いも強くありました。

 

ここでわたしが知ったのは、

掻いてはいけないという状況や思いは
痒みをさらに大きくするということです。

わたしはアトピー性の痒みを知りませんが

「痒くて痒くて気が狂いそう」

という感覚は、このときたくさん体験しました。

 

少なくとも皮膚において
痛みよりも痒みの方が遥かに辛いのだということを
このとき身を以て知りました。

 

 

続きはこちら

Let’s Simple Life!【選び方マスター講座】

「自分と家族の身体にいいものを、自分で選べるようになる」身体のことがわからないといった初心者の方に向けた講座です ^^

9/23(土)
・吹き出物や湿疹はなぜできるの?〜肌とデトックス お申込み
・化粧品の選び方(実践編) お申込み

10/7(土)
・エレメントを知る〜体質と気質のヒント お申込み
・お家でできるセルフケア お申込み

10/21(土)
・ハッピーでいられる心のあり方 お申込み
菅原 笑美子
写真家の夫・菅原ヒロシと、東京湾岸でふたり暮らし。モデル業に忙しかった29歳頃、吹き出物に悩まされ代替医療にであって自ら向精神薬を断薬。強まったパニック障害から、さまざまな代替医療を試し自らの病に向き合う。2015年ホメオパスになる。自然療法家として治療にあたり、ライフスタイルとしての健康情報を発信している。
Facebook でも最新情報をお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です