はじめまして、菅原笑美子です。

モデル業に忙しかった 2008年頃、突如顔のお肌に吹出物が吹き出しました。
止まらない吹出物をなんとかしようと取り組んだ「身体にかかわる物」の見直し。

  • 12年半飲み続けていた向精神薬
  • 鮮度より安さ、質より量だった食品
  • 綺麗になれると信じて疑わなかった化粧品
  • 簡単・便利・使い捨てなのに増える一方だった生活用品

「物」に向き合うつもりが
「自分自身」を知ることとなり

すべてをシンプルに、
手放し、削ぎ落としていったプロセスは
いつしかわたしの「生き方」になっていました。

身もこころもシンプルに、本当に大切なものを大切に

「物」や「人」に自分を預けてしまうことなく

【自分で選び、自力で生きる】

そんな自立した生き方を伝えていけたらいいなと思っています。

みなさまどうぞよろしくお願い致します^^

菅原笑美子(すがわらえみこ)プロフィール

9月22日 東京生まれ、東京育ち

京の都、御所の手前、うなぎの寝床なる町家でマイペースに育った父と
東京浅草、目じりに赤い紅を差し、神輿かついで声張り上げるちゃきちゃき江戸っ子の母をもつ
三人兄妹の真ん中。

高校まで地元地域の学校に通い、一年浪人をして京都の大学に進学。
卒業後、東京に戻り、一年半ほど秘書職を務めたのち退職。
2004年、モデルエージェンシーサトルジャパンと契約、今に至る。

医療への関わり、そこからの気づきと脱却

3歳頃 左脚に尋常性白班を発症。思春期まで長らく皮膚科治療を続ける
10歳 祖父の自死を経験
18歳 低血糖から血糖調節障害とパニック発症
19歳 うつと診断され、以来12年半、精神科へ通院(抗うつ剤、抗パニック剤等、向精神薬を服薬)

 

わたしと医療の最初の関わり
わたしと医療の最初の関わりとなった白斑治療について、最初に「身体面」から書いてみようと思います。 白斑は、3歳頃、左脚のひざの後ろにできた小さな脱色班に始まったと母から聞いています。それは徐々に広がってひざ下は全体にひざ上は内側と後ろ側に、広...
医師もわたしも知らなかった
高3の8月に超低血糖状態を経験した話をしました。 昏睡手前の低血糖はいけませんが「適度な低血糖状態」は健康な身体にも毎日起こっています。「糖が少ないよ~食事をとって~!」という、空腹のお知らせ番としてね。 初めて低血糖を経験したあの夏、わ...
その言葉だけは聞きたくなかった
高3の夏に低血糖で倒れたときはかなり辛い状態ではあったけれど「過労」の域を、超えてはいませんでした。ただ「限界」だったのです。 無理な生活、心のストレスそれに対して「もう無理!」という身体の声が食欲不振として現れていただけ。 その後、砂糖...
落胆、後悔、そして医師への怒り
体型と肌のコンディション、身体管理は、モデルの仕事のうちです。信用を失うまいと、必死に抗生物質を飲み、ホルモン剤を飲み、エステジプシーを繰り返していました。1年半が経った頃、たまたま行った整体で、「薬を飲み続けている限り、吹き出物は止まらないよ」...

自然療法家として

モデル業に忙しかった29歳頃、顔の吹き出物に悩まされる。

美容皮膚科をはしごするもおさまらず、
「薬を飲み続けている限り、吹き出物は止まらないよ」という言葉とともに
代替医療の存在を知り、みずから向精神薬を断薬。

ふたたび強まったパニック障害から、
さまざまな代替医療を試し、自らの病に向き合う。

その矢先、2011年春、東日本大震災。

限りある時間を感じ、
ホメオパシー統合医療専門CHhomへ入学、
4年間の学びを経て、2015年卒業。ホメオパスとなる。

心身ともの依存を助長し、
自立と尊厳を損なう現代医療の在り方へ
大きな疑問を抱きながらも

苦しい症状を抱えるクライアントとして、
多角的かつ段階的なアプローチの必要性も痛感している身として、

西洋医学の医師、代替医療専門家、双方のもとで、
引き続き、ホリスティックな医学と生命への学びを続けている。

西洋医学の薬を手放したとて、
薬に頼りきりだったこころと身体を扱い、支える術をもたない自分。

なにを選んでいいかわからずに、
右往左往しながら試行錯誤を重ねてきた時間の中で、
学び見つけてきた、ひとつの道すじ。

そのプロセスを、もしも必要とする方がいるのなら
気づきとサポートを届けていこうと

自然療法家として治療にあたり、
ライフスタイルとしての健康情報を発信している。

菅原家へようこそ
菅原家へようこそこんにちは、モデル&自然療法家の菅原笑美子です。ここでは健康と、それに基づく生き方のヒントを、暮らしの中から綴っています。「どうして暮らしなの?」なぜなら、わたしたちの身体と人生は、毎日の暮らしの中で何気なく行っている「小さな選択...

日々の暮らしは…

2012年に結婚した写真家の夫・菅原ヒロシと、
東京湾岸でふたり暮らし。

趣味は、野菜を無心に刻むこと。

好きなことばは
「明日は明日の風が吹く」。

そして、きっと明日、叶う夢♡

  • 可愛い赤ちゃん
  • 大きなラブラドール犬
  • 古いポルシェ911
  • 緑たくさんの自然の中でお腹を抱えて笑って暮らすこと

Vita ニュースレターご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。