愛着のあるもの

昨日、お直しに出していた
愛着のあるデニムが上がってきました。

開いてしまった穴を塞いで
ブーツカットラインをストレートに変えました。

私がデニムを選ぶときもっとも気にするのは、
色の落ち感とヒップライン。

この二本はもう10年選手だけれど
まだまだ手放せません。

 

修理の腕が、100点満点!とは言えないので
今回のお店の紹介は避けますが(笑)

新しいものを売るお店とおなじくらい
腕のいいリペア店が増えると嬉しいな^^

今日もいい一日を♡

Let’s Simple Life!【選び方マスター講座】

「自分と家族の身体にいいものを、自分で選べるようになる」身体のことがわからないといった初心者の方に向けた講座です ^^

10/29(日)
・ハッピーでいられる心のあり方 お申込み
菅原 笑美子
写真家の夫・菅原ヒロシと、東京湾岸でふたり暮らし。モデル業に忙しかった29歳頃、吹き出物に悩まされ代替医療にであって自ら向精神薬を断薬。強まったパニック障害から、さまざまな代替医療を試し自らの病に向き合う。2015年ホメオパスになる。自然療法家として治療にあたり、ライフスタイルとしての健康情報を発信している。
Facebook でも最新情報をお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です