5エレメント〜「空」の状態とは?

あらゆる可能性を持つエネルギー

ひとつの空っぽのうつわがあるときに、そこには何も入っていません。しかし、見方を変えると、器が空気や見えないエネルギーで満たされているとも考えられます。空っぽの器には、水も料理も、なんでも盛りつけられます。このように、これから何かが入ってくる場所、入る可能性を持ったスペースが「空」なのです。また、人の体にも空はあります。空ににくづき偏「月」をつけると腔となります。よって、鼻腔、口腔、胸腔などが空のエネルギーです。

空のエネルギーに満ちた人は、落ち着いていて、あくせくせず、見返りを求めず、心にゆとりをもっています。このゆとりこそが「空」のエネルギーをいちばんよくあらわしているのかもしれません。


(引用出典:「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」西川眞知子著、マイナビ出版)

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です