3つのドーシャ〜「ピッタ」ってなぁに?

火と水が結びついた変換作用

火と水のエネルギーが組み合わさったものがピッタです。さまざまなものの形を変える変換の作用があります。火にとって水は、ときに油となって火を強め、水となって火を消す役割をもっています。熱さ、鋭さ、流動性といった特徴があります。

ピッタのプラス面としては、機転が効き、集中力が高まり、話し方も理路整然としています。いっぽう、マイナス面としてはイライラが代表的。すぐに怒ったり、批判的になったり、嫉妬深くなったりしてしまうことも。

五元素

・火
・水

属性

・熱
・鋭
・軽
・液
・微油

作用

・変換
・消化
・代謝


(引用出典:「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」西川眞知子著、マイナビ出版)

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です