ノアの方舟に、乗る者と、乗らない者。

ノアの方舟に、乗る者と、乗らない者。
それが今どんどん明確になっているのを感じる。

もちろん、
一晩明けたら世界は一変していた、なんていう
わかりやすい展開じゃない。

おそらく現実的には「その一晩」は
数十年〜100年くらいの単位じゃない?

この世界はすでに夜に突入し、
確実に「日」を越えなければいけないタイミングに来ている。

数十年〜100年くらいをかけて
次なる「日の出」を見ようと努力している。


えー!わたしは生き残れるんでしょうか?って?

そう考える者は、方舟には必要ない。

そもそも方舟は、
誰が乗れて、誰が乗れないのか?って話じゃない。

方舟は、スピリットが動かす。

夜明けに必要な哲学のようなものが、
その哲学に生きる者が、
そのスピリットを伝える者として
方舟で必要かつ過酷な時を過ごし、夜を明けさせる。

方舟に乗るのは、幸せなことでも、選ばれし栄光でも、たぶんない。

とてもきついことだと思う。

知らなければよかった。
気がつかなけばよかった。
方舟の存在なんて、夜明けの必要性なんて、
知らずにいられたら、どんなに楽だっただろう。

そう思うことだらけだと思う。

ただ、必要なんだ。
その者が、楽ができないそのスピリットが、夜明けには必要なんだ。

その意味で、方舟は、すでに船出している。

数十年という時間をかけて
「者」は滅んでも伝えられていく「スピリット」を
精査しながら、方舟はすでに進んでいる。

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です