美容院でのシャンプーはどうしているの?

「我が家には、シャンプーがありません」と、今週末の選び方マスター講座「洗浄用品の選び方」のお知らせで書いたら、美容院でのシャンプーはどうしているの?というご質問をいただきました。

たまたま今日美容院に行ったので、改めて考えてみたのですが、そうだなぁ3年?5年?もっと?もはや思い出せないほど美容院ではシャンプーをしていませんね。

思えば我が家にシャンプーがあった頃から、すでにそうでした。

わたしはカラーリングもパーマもしないので(健康上ではなく、性格上の理由です、笑)、洗い流さないと次のステップに進めないということがありません。

また、仕事がフリーランスなので、美容院に行くのは基本的に平日の昼間。一日中仕事をしたあとの状態で、美容院に駆け込むということもありません。

美容院には「お家で洗ってきているからシャンプーはいらない」と伝えてあります。

「美容院で使われるシャンプーが嫌い」と言うのではなく、「自分で選んだ洗い方が気に入っているんだ」というスタンスです。

 

ちなみにわたしの美容師さんは、ヘアメイクアップアーティストでもあります。

今もファッション誌や美容雑誌で「ヘアメイク作品」を作り込む彼は、髪にも、女性の美にも彼なりのポリシーがしっかりとあり、「僕はこうしたほうがいいと思うんだよね」とはっきり言います。

わたしはモデルであり、ホメオパスです。

わたしにも自分の美と健康に、ポリシーと願いがあります。だから「わたしはこうしたいんだよね」と伝えます。

じゃあどうしたらいい?というところで、一番いいところを探します。

彼はプロフェッショナルな腕でそれを叶えてくれます。

「要らないな」と思っているシャンプーを、言い出せずに我慢して受け続けて、なんとなく美容院に行きにくくなるよりっも、「要らない」ということを伝えて、プロフェッショナルな腕を振るってもらうほうが、わたしはずっと幸せです。

何かを選ぶということは、それを選ばない人と対立することではありません。

ただ、自分の立ち位置を、はっきりさせるということです。

まずは自分のために、自分で選べるように。次にその選択を、自信を持って伝えられるように。わたしが「選び方マスター講座」を作った原点はそこにあります。

その先、それを選んだ自分を相手に尊重してもらうにはどうしたらいいの?

「相手の心は相手次第」というのが通説ですが、わたしは「自分の可愛らしさ次第」だと思っています❤️

その辺りは、また、具体的なエピソードとともにどこかで綴ります♪

Let’s Simple Life!【選び方マスター講座】

「自分と家族の身体にいいものを、自分で選べるようになる」身体のことがわからないといった初心者の方に向けた講座です ^^

10/29(日)
・ハッピーでいられる心のあり方 お申込み
菅原 笑美子
写真家の夫・菅原ヒロシと、東京湾岸でふたり暮らし。モデル業に忙しかった29歳頃、吹き出物に悩まされ代替医療にであって自ら向精神薬を断薬。強まったパニック障害から、さまざまな代替医療を試し自らの病に向き合う。2015年ホメオパスになる。自然療法家として治療にあたり、ライフスタイルとしての健康情報を発信している。
Facebook でも最新情報をお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です