落胆、後悔、そして医師への怒り

体型と肌のコンディション、
身体管理は、モデルの仕事のうちです。

信用を失うまいと、
必死に抗生物質を飲み、ホルモン剤を飲み、
エステジプシーを繰り返していました。

1年半が経った頃、たまたま行った整体で、

「薬を飲み続けている限り、吹き出物は止まらないよ」

と言われました。

皮膚科の薬はまだしも
向精神薬だけはやめられないと言うと
うちのスタッフは、ホメオパシーでやめられたよと言う。

わたしはそこで初めて
ホメオパシーという言葉を知りました。
そして、代替医療という言葉を知りました。

家に帰ってインターネットで調べたら
代替医療は実にたくさんありました。

日本の一般の病院における「現代医学」が、
世界の数多くのアプローチの中の
たった1つでしかないことを、知りました。

そこから少しずつ、知っていきました。

薬には、害があること。
作用と副作用は同じであること。
医原病が存在すること。

山ほど塗った白斑薬の害
甘い紅茶が引き起こす血糖の問題
12年半も飲んできた向精神薬の正体
綺麗になれると信じてきた化粧品の害…

落胆、後悔の波。

そして医師への怒り。

物心がつく前からの皮膚科通い、
あんなに辛い治療に耐えたのに
白斑は広がるだけだったじゃないか!

飲み続けた向精神薬
いつかよくなる、いつかよくなるって、
12年半も薬漬けじゃないか!

吹き出物に出されたピンクのカプセル、
国では不認可、でも大丈夫、問題ないって、
先生!それならあなたも飲んでくださいよ!

それまでの経験が
走馬灯のように頭を駆け巡って

自分の身体にしてきたことが
本当に悲しくて情けなくて

わたしはなんてバカだったのだろうと、
涙が出ました。

2009年秋、
自分の判断で向精神薬をやめました。

眠れなくなりました。
多くの幻覚を見ました。
パニックアタックは倍増して再発しました。

でも薬は手に取りませんでした。
もう、うんざりでした。

2010年、事情を説明してモデルを休業、
一切の市販化粧品を止め、
徹底的な「食」の見直しを始めました。

2011年3月、震災を受けて肚を決め
翌4月、ホメオパシー統合医療専門校CHhomへ入学しました。

 

「時間だけは戻らない」

あのときわたしが知った
一番大切なことです。

でもわたしたちは生きています。
身体は毎日、生まれ変わっています。

だから大丈夫。
いつからでも、遅くない。

今日という日を、大切にして
今日ある命を、大切にして

「美在塾」‘絶対美’を手に入れる3ヶ月プログラム

美在塾とは、「本気で美しく在りたい女性のための」、人間であり、女性であり、ひとつの生き物である「多層な美しさ」について、ともに学び、実践していく場所です。

ぜひこの美在塾で、生命の基礎としての身体を整え、女性としての心身を理解し、揺るがぬ実感と自信をともなった「絶対美」を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です