自分から循環を作る。

昨晩、八ヶ岳から東京の自宅に帰宅しました。

洗濯、掃除機、雑巾がけを済ませて
留守を守ってくれていたクリスタルと塩をきれいにして
午後は2名のクライアントを診る。


リペ島から帰ってきた時も、すごく感じたけれど
東京はいま本当に、土地に力がない。

こんなに明るくてこんなに多くの人が住んでいるのに
リペ島や八ヶ岳よりもずっと「静か」だし、「みなぎる力」が感じられない。

確かな理由はわからないけど、わたしは人間が、土地の力を食いつくしてしまっているからだと思う。

それでも人間はエネルギーが足りず?
(どっちが鶏と卵かはわからないけれど)人間同士でもまた、エネルギーを奪い合ってる。

だけどね、自分の手元から、自分の自宅から、自分と関わる目の前の人から
エネルギーを整え、通しすることは、誰にだってできる。

与え合うことはできなくても、奪い合いには加担しない、と決めること。

それだって十分に、力のあることだと思ってる。

わたしが、そしてうちに来てくれる人が、少しでもエネルギーを通せるように
わたしは自分の足元を、整える。

「通れば(流れれば)」おのずと生まれ出ずるようにできている。

そうして自分から循環を作る。

【美在塾】生きものとして美しくある「生命美編」

美在塾とは、「本気で美しく在りたい女性のための」、人間であり、女性であり、ひとつの生き物である「多層な美しさ」について、ともに学び、実践していく場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です