「空飛ぶ円盤(UFO)が迎えにきた!」

写真は、昨日のフォトセッションのスタンドインで
「空飛ぶ円盤(UFO)が迎えにきた!」設定のわたし(笑)

ライティングがわからないじゃないかー!と宏さんには苦笑いされたけど
実はこれ、あながち笑い話しではなくて。

 

最近、時間軸?時間感覚?が変わったんです。

通常の肉体の変化のスピードを、超えたスピードが、起こっていてね。

元々は、もう何年も通っているエネルギー療法の治療家が
「おかしいなぁ。本来の身体のスピードよりも早く、身体が変化している。」
と言うので、自覚するようになったんだけど

確かに最近漠然と、自分の身にふれる物事が、なーんかスローモーションに感じられるなと思っていたののは、
もしかしたらわたしの細胞(の一部)が、スピードアップしているからなのかもしれない。

わたしの言葉でのしっかりした説明は、まだうまくできない(笑)

 

ただね、4ヶ月前からかな、身体に帯電した電気を抜く治療に通っていてね。

ここ10年、身体のことを勉強してきて、ホメオパスにもなって臨床をとりながら
わたしたちの身体の不調や病気は、体内(細胞)に電気が帯電することで、代謝不良や炎症が起こっていることが、おそらく確かだとわかってきた。

で、その電気の帯電をどうするか?が要なのだけど

なんらかの電気機器と身体をつないで身体に電気を通すことで、細胞に溜まった帯電を流したり、ほぐそうとする治療は、巷にもちょこちょこ存在する。

対処療法のなかではかなり根本に近い治療なので、わたしも時々受けてはきた。

けれども、あくまでも「流す」「ほぐす」目的。

今受けているのは、帯電した電気を「引き抜く」。

しかも電源要さず、手のひらサイズの小さな道具で。

受けながら思い出した
数年前に知ったフィリピンの「神霊療法」は
なるほど、これを人の手でやっているんだと思う。

これ、根本的に生命のスピードを、変えている可能性がある。

というか、元来の概念が、ぶっとぶ可能性がある。

ちょっと自分的にしばらく観察&検証します。

 

は?と思う方は、空飛ぶ円盤お迎え写真だって!あははーっと、笑って流してちょーだいね(笑)

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です