どうやったら自分だけが得をするかを考える人と、どうやったら富をみんなで分けられるかを考える人。

世の中には2種類の人間がいて
どうやったら自分だけが得をするかを考える人と、どうやったら富をみんなで分けられるかを考える人。

面白いことに、自分の得を考える人は「みんなのため」と口にし
分配を考える人は「自分がそうしたいから」と口にする。

自分の得を考える人は、「自分の負担をいかに他人に負わせるか」を考え、
分配を考える人は「負担を負わされる弱者をいかに作らないか」を考える。

自分の得を考える人は、自分の安全を確保する、上から目線に立ちたがり、
分配を考える人は、問題がつぶさに見える、人と同じ目線に立ち続ける。

 

先日、フォトセッションに樋脇 岳 (Gaku Hiwaki)さんがいらしてくださった。

樋脇さんは、地元・杉並区で、野良猫や傷ついた猫を自宅に保護する傍ら、
社会や政治の在り方に疑問を持ち、できることがあるのでは、と市民運動を始められた。

海城高校→早稲田大学卒

エリート街道を歩んでいい経歴だけれど
自身が就職氷河期からのブラック企業勤務を経て
人間が、人間らしく、大切にしあい、幸せに生きられる社会を作りたいと、
配達の仕事をしながら、一市民として活動をしてこられた。

 

今、わたしたちの暮らす社会は、
世界のの1%の人間が、99%の富を独占し、
99%の人間が、たった1%の富(収穫)を、奪い合わざるをえない現実だ。

お金がなければ生きていけないという、経済洗脳による奴隷化。

食、教育、医療、環境
心身ともの弱者作りを、一生這い上がれないほどに徹底する仕組み。

わたしたちは、被害者なんだろうか?
それとも、加害者なんだろうか?

おそらく、被害者であり続ける、加害への加担者なんだろうと、わたしは思う。

わたしたちひとりひとりの心の中から、「自分だけが得をしよう」とするエゴと行動が、減っていきますように。

ひとつお菓子をもらったら、隣のお友達にも半分「どうぞ」と分けてあげられる心が、子どもたちの中に、育っていきますように。

樋脇さん、寺田さん、応援してます!!

わたしもできることをして生きます。

 

【写真家とモデル夫婦の仕事と暮らし】
ところでフォトセッションってなに?

 

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です