突き抜けている人って、いるものだ。

突き抜けている人って、いるものだ。

自分の興味関心に、最大限のエネルギーを注いでいて
その場に行き、体験をし、感じて生きていて

小さな比較とか、全然ない。
成功、失敗なんて、善悪もない。
ただ「経験」を続ける。
右と左を知ったから、真ん中がわかるというように。

 

先日の八ヶ岳では、世界的フォトグラファーの佐藤 秀明さんにお会いできた。

今から3、40年前もに、エスキモー率いる犬ぞりバイクで、2ヶ月かけて北極点まで行った話。

エスキモーにとってのご馳走の、アザラシの腸や肝臓の話。

岩塩を採取すべく、56度の砂漠を2週間、旅した話。

アポロ11号の打ち上げの話。
その場に居合わせた、いろんな国の人たちの話。

佐藤さんは、あたかも昨日それを経験したみたいに、目をキラキラさせながら話してくれる。

聞いているわたしもワクワクがとまらなくて、身を乗り出して質問ぜめ。

一晩中聞いていたい。。。

そんな人生を送ってきた佐藤さんが、どうしようもなくかっこよかった。

その人生は、佐藤さんが自分で作ってきたんだということも、よくわかったから。

 

「写真って、そこにいるってことですよね」と、宏さんが言った。

そうだよね。
写真は、機材や技術以前に、その瞬間、その場所にいなくては撮れないのだよね。

「目の前の現象に、立ち会っていること」

それが、写真の原点だとしたら、佐藤さんは、写真家以前に、冒険家なのだと思う。

こういう人に会うと、自分の足元の悩みが、とても小さく感じられる。

くだらないことにエネルギーを浪費している場合じゃない。

突き抜けてこ!
かっこいい人はみんな、そうして生きてる♡

 

【美在塾】生きものとして美しくある「生命美編」

美在塾とは、「本気で美しく在りたい女性のための」、人間であり、女性であり、ひとつの生き物である「多層な美しさ」について、ともに学び、実践していく場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です