「女性性」と「母性」を分けて考える

「女性にとっての妊娠・出産」という項目を
テキストに書きおろしていて、気がつく。

わたしは「女性性」と「母性」を、分けて考えてるってことに。

女性性は、妊娠をする力(引き込む)。
だから「愛されたい」

母性は、何かを育てる力(出す)。
だから「愛したい」

「愛されたい」は、なぜか悪者にされがちだけど
「愛したい」の前提として、必要不可欠な、大切な欲求なのだと思う。

思うに「愛されたい」が満ちていないうちに
何かを愛そうとはしないほうがいいし

「愛されたい」の代替として
母性や人間性(仕事)で認めさせようとは
しないほうがいいと思う。

本当の姿が見えなくなるのは、とても厄介だから。

女性は、空洞が埋まって初めて、円になる。

足りない、欲しい、こっちに引き込みたいという感覚は
円になるために、あって当たり前の本能なのだと、まずは認めること。

空洞が埋まったら(いっぱいいっぱい愛されたら)おのずと愛は溢れ出るから。

女性美は、そんなことを伝えたい♡

【美在塾】生きものとして美しくある「生命美編」

美在塾とは、「本気で美しく在りたい女性のための」、人間であり、女性であり、ひとつの生き物である「多層な美しさ」について、ともに学び、実践していく場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です